GCPUG Shonan feat.GAE Vol.1 その1

GCPUG ShonanでGAEシリーズの1回目が開催されました。その1を書きました。

2016/3/1

個人的な話になりますが、GCPUG Shonanの管理者をやらせて頂いています。
今回は、Google App Engine シリーズの1回目ということで、茅ヶ崎で開催しました。

内容的にかなり濃い内容になりまいたので、少しずつ書いていきたいと思います。
まだ、イベント開催に不慣れな部分もあり、主催イベントになると、心の余裕がなくて写真を取る余裕もないので、文字だけになりました。。。

3つのセッションの内、1つ目を書いてみたいと思います。

登壇者

@secondarykeyさん です。

Shizuoka.goなどの主催をされていて、今回も静岡から来てくれました。

スライド

スライドは、こちらです。

今回のイベントは、先に決まっていた2本がかなり濃い内容になることが分かっていたのですが、触っていない方、チュートリアル程度の方も多く、初心者向けのGAEの紹介を入れる必要がありそうだなと考えていました。

主催者側で何か用意する必要があるかなと思っていたのですが、こちらからお願いする前に必要性を感じでそういった内容を考えて頂きました。

お気遣い頂き本当にありがとうございました!

内容について

以下簡単な要約を記載してみます。
詳細は、スライドを見て頂ければと思います。

@secondarykey さんは、Google App Engineが発表された当初から使っていたそうです。

Python → Java → Go メインの言語が変わってきているとのこと。

Google Cloud Pratform について

Google Cloud Pratform(GCP)について全体像を紹介して頂きました。

GCPの始まりは、GAEでした。
PaaSとしてのGAEが先にあり数年してから、StorageのCloud Storge(GCS)や IaaSのCompute Engine(CCE)など他のサービスが出てきた事をきっかけに、GCPが始まっています。

GAEでアプリを作るデモ

SDKのダウンロードから、app.yamlを作成して、deployし、Developer Consoleで確認するところまでをサラッとやっていました。

自分の端末でやるのは、確かに簡単ですが、セッションの中でサラッとやる辺り、@secondarykey さん さすがです。

GAE内の各機能の紹介

GAEは、実際に自分で作るアプリケーションから、Datastoreや、MemcacheなどのGoogle側が用意しているサービスをAPIで呼び出して利用します。

  • Datastore
  • Memcache
  • Task Queue
  • Mail

このあたりを一通り紹介して頂きました。

最後に

@secondarykeyさん 遠いところ茅ヶ崎までお越しいただきありがとうございました。

GAEに少し興味はあるが、まだ触っていない方や触り初めの方、とりあえず動かしてみているけどまだ部分的にしか触っていない方など、仕事でガッツリ使っている人以外にはちょうどよいセッションだったと思います。

GAE楽しいので、ぜひ触ってみてくださいね!

By nuki_pon

Related articles

--- AD ---