運営方針

FreeGufoは、Web構築として、サーバー側の構築をメインとしている会社です。自分たちが現役でシステム構築をやりながら、時代とともに変わるITを意識しながら、子供たちと関わっていきたいと考えています。

この考えに則り、FG-Schoolは、楽しく今後に繋がる教室を目指して以下の方針に従って運営しています。

  • 楽しくプログラミングをしよう!
  • 実際に使える技術、思考能力を身につける
  • 現役プログラマーがサポート

プログラミング教室の必要性

現在のITは、導入の程度に差はありますが、どこの業界でも必要なものとなりました。そのITを扱う上での基礎となるものはプログラミングとなっています。

プログラミングは、仕事だけでなく、Webの構築やゲーム制作、CGの作成など幅広く利用することが出来ます。
最近では、クラウド、ビックデータ、IoT(Internet of Sting)、AI(人工知能)など、耳にしない日はないくらい話題になっていますが、これらもプログラミングによって作られています。
これらが一般化して来てからは、これらを使うためのプログラミングは、より重要になって来ています。

2020年からは、小学校でプログラミングが必須教科になる事が決まっています。ここには、国を挙げて成長分野に投資する姿勢が現れています。

プログラミングを学ぶ事で得られるものは、以下のものがあると言われています。

  • 早い段階でプログラミングに触れることで身近な道具として使えるようになる
  • 論理思考、問題解決能力を身につける

FG-Schoolとしてお手伝いしたいこと

上記の様に、今後重要性の増すブログラミングですが、子供たちが身につけるためには、楽しくなければ続きません。
パソコンの扱い方、プログラムの作り方などの基礎の部分をマサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したScratchというツールを使ってゲームを作り、楽しく身に付けてから、機械学習などのプログラミングでも使われているPythonを中心に本格的なプログラミングに入っていきます。
この流れを一人ひとりの様子を確認しながら、飽きることなく楽しく進めていくことで確実に身に着けてもらいたいと思います。
画面でキャラクターを動かしたりする場合には、学校で習う数学の要素が入ってきます。これらを、教科書で学ぶ前にプログラミングを通じて使うことで、数学に対する興味を持てることを期待しています。

また、応用範囲が無限に広がるプログラミングは、使い方とともにどんなプログラムを組むか、何を便利にし、改善していくかを考える発想力が重要な要素となります。発想力は大人になるにつれて乏しくなっていく傾向があり、 早い段階でプログラミングに触れ、無限の発想力を持っている子供の頃にプログラミングという表現ツールを身につけることに大きな意味があると我々は考えています。

FG-Schoolでは、プログラミングの基礎から自分達が実際にWebシステムを構築して来た経験を生かして、実践的な技術をサポートしていきます。

プログラミングは基礎を学んだ後は、自分で考え、調べながらトライ&エラーで経験を積んで行く事が大切です。
ネット等で調べながら自分でやると同時に、教室で、同じ目的を持った子供達が集まり、会話しながら吸収して行く事で多くの事が得られます。

  • 楽しみながら自然とプログラミングが出来る
  • 学校で教わる数学も適度に混ぜる事で、数学や物理に対する興味を持てる
  • プログラミングというい同じ目的の子供たちが集まることで生まれる相乗効果
  • プログラミングをWebと結びつける事で実生活で活用出来るようになる

職業としてのプログラミングではなく、自分のやりたい事を実現するための、プログラミングと言うツールを楽しみながら、身につけていくお手伝いをします!

募集中の教室について

Scratchの体験教室を開催しています

現在お申込み可能な日程、および、申込はこちらをご覧下さい。

日程・お申込み


画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

体験スクール

教材について

現在、Scratch(スクラッチ)の準備を行っています。FG-SchoolのScratchについての詳細はこちらのページをご参照下さい。
Scratchについて

PAGE TOP